大塚明夫 の最新情報

大塚明夫とは

東京都出身。体重71kg。父は同じく俳優・声優である大塚周夫。元妻は声優の沢海陽子。

独特の低い声質で知られる。ナレーションから映画の吹き替えをはじめとして、アニメ、コンピュータゲームでの出演作品も多数。デビューは父・周夫から勧められた作品であり、周夫も出演していた『装甲騎兵ボトムズ』の外伝OVA『機甲猟兵メロウリンク』の情報将校キーク・キャラダイン。舞台演劇では情けない中年男性や麻薬中毒の狂人、ヤクザなどを演じている。

洋画吹き替えにおいても数多くの作品に出演。スティーヴン・セガール、アントニオ・バンデラス、ニコラス・ケイジ、デンゼル・ワシントン、ウェズリー・スナイプス、ドルフ・ラングレンなどを持ち役としている。特にセガールの吹き替えはほぼ専属で担当しており、『水曜シアター9』放送開始予告での映画映像の使い回しでも彼が担当した。また、『アンパンマン』では怪傑ゾロをモチーフとしたキャラクター・ナガネギマンを演じており、歌唱も披露。『マスク・オブ・ゾロ』『レジェンド・オブ・ゾロ』でもバンデラス扮するアレハンドロ・ムリエッタ/怪傑ゾロの吹き替えを担当している。

Wikipedia 大塚明夫より

最近の動向

メンバー数推移 メンバー数増分値