植田佳奈 の最新情報

植田佳奈とは

植田 佳奈(うえだ かな、1980年6月9日[1] - )は、日本の女性声優、歌手、ナレーター。アイムエンタープライズ所属。奈良県生駒市生まれ[2]、大阪府東大阪市育ち。神戸女学院大学文学部総合文化学科卒業。

奈良県生駒市生まれ。大阪府東大阪市育ち。小学生の時に大阪に引越した。小学生の頃からコスプレにハマり、大阪や京都の同人即売会やコミックマーケットでコスプレイヤーとして度々参加。児童劇団に所属し、舞台やミュージカルをやっていた。初仕事はCMで、高校生のときは音楽番組の司会も担当した。タカラジェンヌに憧れ、小学生の頃から宝塚音楽学校予備校に通う。声楽・バレエ・ダンスを習うが、高校三年生までに身長が伸びず諦めた。大阪府立市岡高等学校では、放送部(部長)や軽音部に所属。放送部ではテープを編集してお昼にかけたり、アマチュア無線資格に合格してアンテナを担いで六甲山へ登頂した。軽音部ではピアノ、ドラムやマリンバなどの打楽器全般を担当した。神戸女学院大学文学部総合文化学科へと進み、大学生のとき、雑誌ボイスアニメージュのオーディション「ボイスアーティストプロジェクト」でグランプリ受賞。大学に籍を置きながら日本ナレーション演技研究所大阪校の研修科で学び、アーツビジョン所属となる。その間にも毎日放送「ちちんぷいぷい」のレポーターを担当していた。その後、現在の事務所アイムエンタープライズへと移籍。

2001年、トーキョーN◎VAのドラマCD「ナイフエッジ」のジェム役で声優デビュー[3][4]。同年、テレビアニメ「サイボーグ009」の001/イワン・ウイスキー役で初レギュラーを獲得、「FF:U 〜ファイナルファンタジー:アンリミテッド〜」では主題歌を担当し、それが個人での歌手デビューとなった。 デビューして間もない頃、「avex mode」とアーティスト契約を結ぶ。その後、同じ事務所の中原麻衣・斎藤千和・森永理科と声優ユニット「みっくすJUICE」を、能登麻美子・後藤麻衣 ・清水香里・佐藤利奈と声優ユニット「N's」を、N'sからスピンアウトする形で生天目仁美・松来未祐を加えた声優ユニット「N±」を、ラジオからの派生で清水香里との声優ユニット「M's」を結成。「Hearts for Earth Aid & Relief Team(H.E.A.R.T.)」ではチャリティ活動にも参加している。現在は出演作品のキャラクターソングを歌ったり、声優ユニットを組んで出演作品の楽曲をリリースすることはあるが、個人での歌手活動は見られない[5]。

Wikipedia 植田佳奈より

最近の動向

メンバー数推移 メンバー数増分値